[:ja]この記事では、過去にスティーブン・ベナムが日本に来てからの最初の数日をつづったブログを翻訳して掲載します。


2015年5月13日(水曜日)

私は東京に時差ぼけで2重まぶたになって到着しました。

山形行きの新幹線に乗車し、到着後、旅館に行きましたが、日本のお風呂は小さくて、抜け出せなくなったり、畳の床で快適に過ごそうとしても、12フィートの私は、畳を突き出してしまったりと、なかなかうまく行きません。さらに悪いことに、数時間の睡眠後、朝6時に3.11の地震のような揺れで起きたときは、タイムアップだと思いました。(※実際、宮城県で震度5強の地震が発生しています)

さて、今日のミッションは、携帯ショップを見つけ、日本での2ヶ月間の滞在中に使う安い携帯を手に入れることです。

どこにも看板はなかったぞ?通行人の女性に、近くの携帯電話ショップを聞くと、彼女は親切にも携帯でを地図を確認して、とても遠いと教えてくれました。

自転車があるので大丈夫だと言いましたが、片言の英語で、それでは無理だと言います。その後、驚くことに、彼女が車で連れて行ってくれるといいます。 (英語で)いいんですか!喜んでお願いします!

そして、私は彼女のとても小さな車(タイヤの上に小さな庭が乗っているみたい)に窮屈ながらも乗車に成功しました。彼女は遠く離れたソフトバンクと呼ばれるお店に連れて行ってくれました。

そこにしばらくいると、店員は普通の携帯(ガラケー)がないことを私にいいました。私を助けてくれた女性に感謝し、私の折りたたみ自転車が待っている場所に降ろしてもらったときに、彼女にコーヒーとケーキを奢ることにしました。

家に帰った後、私の老眼鏡を紛失していることに気づいたので、さっきいた場所に、自転車で戻ることにしました。探しても見つからなかったのですが、交番に伝えると、礼儀正しい警察官はよく調べてくれて、ジャケットの中のシャツのポケットにあるのを見つけてくれました。

私は完全にバカだったと反省し、家に戻ってテレビのニュース速報を聞いていると、近所の火山(※蔵王山)が活発になり始めて、さらに時速80マイルの風が吹いていることを知りました。街にせまりくる隕石から身を守らなきゃ!

ここの人たちは、本当に親切なだけで、話を盛っているわけではありませんからね!明日は何が起きるのでしょうか。[:en]


 I arrived in Tokyo with two heavy eyelids from jet lag to be greeted by typhoon No.6 sweeping up from the south. Caught the Shinkansen north to Yamagata, on arrival I had a shower and a Japanese bath that I couldn’t get out of due to my size. Tried to make myself comfortable on the tatami floor, but my size 12 feet kept sticking out the end of the cover. After a few hours sleep I was woken up at 6am by an earth quake measuring 3.11 and I thought time was up!

My mission today was to find a mobile phone shop so I can get a cheep mobile to use during my 2 month stay in Japan. No sign of one anywhere? So I stopped a young lady to ask her where the nearest mobile phone shop is, she kindly checked the map on her phone and said, it’s far away! I said I’m on a push bike is that ok and she said in broken English no, to far? Then to my surprise she said I have car I take you, (being English I said) wow is that ok, she said yes come with me! So we went to her tiny little car (like a small garden shed on wheels) where I managed to climb in with my legs wrapped around my ears.

She took me far away to a shop called Soft Bank. After spending some time there they told me that they didn’t have the right type of phone for me? To thank the young lady for helping me I decided to take her for a coffee and cake after which she dropped me off where my trusty push bike was waiting.

After getting back home I notice that my reading glasses were missing, so I decided to re-trace my steps by cycling back to where I had been earlier. No sign of them anywhere, so I went to the police station to report them lost, as the polite policeman sat down to take my details I reached inside my jacket only to find my glasses in the top pocket of my shirt!

I felt like a complete dipstick, I then came back home to hear the breaking news on TV that a nearby volcano has decided to become active, plus there’s an 80 mile an hour wind blowing outside? All I need now is for a bloody meteorite to hit the town.

Apart from all that the people here are lovely, very kind and helpful, nothing like they are portrayed in the movies! Hopping tomorrow will be better?

[:]

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *