[:ja]このシリーズでは、3回にわたって、当ラジオ局の代表スティーブン・ベナムのポール・マッカートニとの出会いを綴ります。第2回は、マッカートニとの偶然の再会について語ります。[wc_highlight color=”blue”]この記事は、英語原文の参考訳です。[/wc_highlight] 第1回「マッカートニの目玉焼き」を読む

私のセッションは3人目だったので、バーで飲んで休憩していました。しばらくして、ポール・マッカートニとスーツを着た弁護士風の友人がやってきました。ふたりは隅に座って話し始めました。

私は、彼にあいさつすべきか考えました。たぶん彼はちょっと変なファンだと考え、わたしのことを思い出すでしょう。こんな馬鹿げた考えが頭をよぎり、ピアノを演奏するために立ち上がりました。幸運なことに、ポールが座っているほうに近づくと、彼は顔をあげて笑顔をみせてくれました。

私が合図をして「やあ」と言うと、彼は「やあ、元気かい?」と答えました。「元気ですよ。私を覚えていますか?」

彼が私を忘れていると悪いので、質問に答える前に、「70年代、あなたとリンダさんにシンセサイザーをデモ演奏したものです」と言いました。

「そうだった!ところであなたは何をしにここに来たのですか?」「隣のレストランでセッションをしています。」「どんなタイプの音楽を演奏するんですか?」

私は大きな笑顔で、「おもにポールさんのです。」と答えました。すると、なんということでしょう!彼は後で私の演奏を聴きに来てくれるそうです。

約1時間後、ちょうど準備が終わって、レディ・マドンナ(Lady Madonna)を演奏していると、約束通り彼がやってきました。彼は私に親指を立て、3曲目が終わった後、「また会いましょう」と言って去って行きました。そして確かに数週間後に再び会うことになりました… (次回へ続く)

[:en]In 2008 I was playing Piano at the Connaught Hotel in central London every Saturday evening. It was my 3rd gig and I was taking a break and sitting in the American Bar having a drink when in breezed Paul McCartney with what looked like a lawyer friend in a black pined striped suit. They both sat down in the corner and started talking. I thought should I or shouldn’t I say hello! Maybe he’ll think I’m some kind of weird fan, would he recognize me! So with all of these stupid thoughts going round in my head I got up to head back to my piano. Luckily Paul was sitting near the exit in the general direction I was headed, as I got closer he looked up and smiled. That was my cue, Hi I said, Paul replied hi how are you, I said great thanks, Do you remember me? before he had the chance to answer and saving face incase he didn’t remember me I said, I first met you and Linda back in the 70’s when I demonstrated some synthesizers! That’s right he said, so what are you doing here! I’m gigging in the restaurant next door I said, he then asked, so what type of music are you playing! with a big grin on my face I said mainly yours. Oh great he said I will pop in a bit later to have a listen! About an hour later I was just finishing my set and sure enough he popped in just as I was playing Lady Madonna, he gave me the thumbs up and left after the 3rd song and said see you again Soon! And sure enough we met again a couple of weeks later…[:]

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *